The RESULT in PARABOLA

COMPETITION CLASS
RNK NAME BELONG ODR TIME TPT S.RNK
1 藤原 正貴 九州工業大学サイクリング部 16 0:27:38 40 3
2 山内 洸樹 NEWサイクリング部 15 0:28:52 75 1
3 ういんぐ まん 14 0:29:01 30 4
4 下川 一翔 11 0:30:44 26 5
5 岡本 和也 13 0:32:44 22 6
6 広津 邦仁 高齢者クラブ 12 0:32:47 48 2
7 上原 正憲 水曜会 10 0:33:07 12 7


CHALLENGE CLASS
RNK NAME BELONG ODR TIME TPT S.RNK
1 丸山  進 6 0:30:31 5 5
2 水川 靖幸 3 0:31:38 5 5
3 中尾 駿太 5 0:33:25 5 5
4 田中 靖浩 高齢者クラブ 4 0:35:24 10 1
5 泉  雄太 NEWサイクリング部 9 0:35:25 10 1
6 廣津 明俊 ハート自転車部 2 0:36:23 10 1
7 清武 維利 8 0:36:26 5 5
8 草野 仁志 NEWサイクリング部 1 0:38:33 10 1
9 梶谷  諒 九州工業大学サイクリング部 7 0:43:15 5 5


EVENT Information

その 1

耳納連山ヒルクライムサイクリング ※タイムは取りません! サイクリングです!
日 時:11月23日(祝) AM8:45
場 所:中干出公園河川敷駐車場集合
場 所:参加費500円(補給食付き)保険は各自で加入してください。
    雨天中止です。中止の場合耳納連山FacebookページにAM6:00までに投稿します。

コースは、中干出公園河川敷駐車場スタート〜高良山〜耳納平〜グライダー発進基地〜上陽町〜朧大橋〜耳納平〜高良山〜中干出公園河川敷駐車場ゴール。距離約60km、獲得標高約1,400メートル

※ 申込みは耳納連山ヒルクライムエントリーフォームからお願いします。
  コメントに「耳納連山ヒルクライムサイクリング」を入れてください。
  私、コイデも走る予定です。グライダー発進基地からの絶景を楽しみましょう!


その 2

サイクルロゲイニングプレテスト (久留米つばきカップTT in 草野の後継イベント)
日 時:令和3年12月11日(土)(予備日12月12日) 9:30〜15:30(テスト10:00〜15:00)
場 所:集合・スタート・ゴール:両替町公園(久留米市東側)
    ロゲイニングエリア:市内中心市街地から東部方面にチェックポイントを配置
参加者:サイクリストのボランティア20〜40名(10〜20チーム)程度を想定
    参加者には謝礼を予定している。

※ 申込みは耳納連山ヒルクライムエントリーフォームからお願いします。
 コメントに「ロゲイニングプレテスト」を入れてください。
 私が「つばきカップ」の実行委員をしていた関係でのお願いです。よろしくお願いします。



Report

耳納連山Hill Climb 最終戦[パラボラ]Report]

2021シーズンは新型コロナの緊急事態期間中の為に軒並み中止となり、5戦中2戦のみの開催となってしまいました。コースも「かんかけ峠」や「鷹取山」を走ってもらうことが出来ず非常に残念な思いです。最初と最後が「パラボラ」だけは例年と同じでしたが。

しかし、この最終戦は多くの初参加の若い選手に参加していただき来年が楽しみになりました。熊本市から自走参加は過去にありましたが、今回は北九州市からの自走参加である意味記録更新です!しかもタイムも素晴らしいもので良い刺激をいただきました。

受付け後のミーティングまでは駐車場のゴミ拾いを参加者・スタッフで行います。また、このイベントには、NPO法人「育てよう未来のオリンピックメダリスト」よりメカニックサービスをおこなっていますので急なメカニックトラブルにも対応できます。

小グループに分かれてパラボラコーススタート地点の高速道路の高架下に移動します。宣言明けと秋の行楽シーズンも重って高良大社と森林公園までの交通量が多く、安全第一で事故に注意しての走行です。この日も1分間隔の個人タイムトライアル形式でスタートします。常連さんは緊張感はあまり無いですが初参加の選手達は集中力が高まっていってるのが伝わってきます。

レースはヒルクライムに良い感じで、全員無事に完走していただくことが出来ました。タイムは、「パラボラ」コースの特徴である勾配の変化で、リズムが取りにくい中でしたが素晴らしくレベルの高いものでした。タイムの目標を達成できたりそうでなかったりしますが、ゴール後に皆さんの素敵な笑顔が見れてスタッフ皆で喜んでいます。ゴール後には表彰と記念品のお渡し、ヒルクライムサイクリングのお知らせをして閉幕となりました。

最後に、今シーズン参加いただいた皆さんありがとうございました。事故や怪我に注意し、来年5月の開幕戦でお会いできるのを楽しみにしています。 スタッフ一同

written by; koide